2017.10.23

「LINE Ads Platform」の販売・開発のパートナー「Bronze」に認定されました。

株式会社グリフィン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤 達朗)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が運営するコミュケーションアプリ「LINE(ライン)」および「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」の販売・開発のパートナーを認定する「Marketing Partner Program」において、「Sales Partner」の「Bronze」に認定されました。

 

 
 
   
 
 

 

「Sales Partner」は2017年4月より半年ごとの累計売上実績などを基準に、5段階(Diamond/Gold/Silver/Bronze/Partner)のランクで認定され、LINE株式会社より新プロダクトの優先案内や営業サポート、同社が主催するイベントへの招待などの特典が付与されます。弊社のこれまで強みである広告運用力を活かし、実績及び弊社独自のノウハウを基に広告企業主様の広告効果最大化を図ってまいりました。今後も株式会社グリフィンは広告企業主様に対し最大限の広告価値をご提供出来るように社内の運用体制を強化してまいります。

 
 
■「LINE Ads Platform」とは

「LINE Ads Platform」は、LINE株式会社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」関連サービスを対象とした運用型広告配信プラットフォームです。2016年6月から「LINE」のタイムライン及び「LINE NEWS」サービス内での広告配信の本格運用を開始いたしました。以来、2017年9月末時点で約3,000の企業・ブランドに利用されており、2017年からは「LINEマンガ」上での広告配信も開始しています。

 
広告主が専用の管理画面から予算・期間・ユーザー属性・クリエイティブ等を登録・入札し、「LINE Ads Platform」のシステムにより広告が選定され、ユーザーに表示されます。運用型配信システムに切り替えることで、これまで枠数や予算上「LINE」上に出稿できなかった企業も広く利用が可能になり、また、広告の表示有無やその効果等を細かく確認・検証しながら運用することができるため、予算が限られているプロモーションへの対応や、売上予測や目標達成度等に合わせた配信が可能になります。